沖縄の家_庭に現れたノラネコの親子に葛藤

土地を求めて沖縄に通うこと約3年。

中古物件の売買契約を締結して、ついに引渡の日を迎えます。

売主さんから家の鍵を受け取り、敷地内に入る待望の瞬間です。

しばらく敷地内を歩いていたところ、突然、妻の「大変!」という叫び声が聞こえてきます。

初日からトラブルとは不吉・・・

小走りで現場に向かうとそこには2匹の親子猫がいました。

妻は私に猫の餌と皿を買ってくるよう命じ、私は命じられるがままに車を飛ばします。

食事にありついた親子猫。母猫は警戒しながら餌にがっついてます。

どうやってこんな人里離れた場所に来たのか不思議ですが、ここは猫が生きていけるような場所ではありません。

飼ってあげたいのはやまやまですが、すぐに移住できるわけではありません。

二匹とも捕まえられれば、本土に連れて帰って里親さんを探すこともできますが、母猫の方は警戒心が強く、捕まえるのは難しそうです。

売主さんに相談したところ、しばらく餌と水を与えに通ってくれるとのことでした。申し訳なく思いつつも猫が心配なのでお願いさせて頂くことになりました。本当にありがとうございます・・・

次に沖縄に来れるのは1カ月後・・・親子猫はどうなるのか・・・

売主さんによると、猫達は餌をあげに行っても、姿を現さなかったそうです。ただ、餌を食べている形跡はあると。恐らく森に住むマングースが食べているであろうと。

1か月が経ち、私はようやく沖縄の家に来ることができました。

親猫の姿はなく、子猫がぽつんといました・・・

売主さんの餌が無ければ難しかったかもしれません。

子猫はすぐに近づいてきました。

バッグに忍ばせた餌を出し、すぐに与えます。

おそらく、母猫とは別れてしまったのだと思います。

離れようとしないので、自宅に入れることにしました。

膝に乗ってきて良い猫だということをアピールしてきます。

孤独だったのか、甘えまくってきました。土で汚れた手に子猫の苦労が伺えます。

お尻に光るものがあり、なんだろう?とよく見たところ回虫でした・・・

保護して息をつく暇もなく動物病院に直行します。

私は何をしに沖縄に来ているのか・・・

子猫は本土に連れて帰ります。自分で飼うか、里親さんを探すかはこれから考えることにします。

猫のキャリーを買って、空港に連れてきました。おとなしくしています。

空港で子猫を預けます。さすがに不安そうです。

無事に家に到着し、キャリーから開放してあげると、早速、甘えてきます。

飛行機の移動が堪えたのか、ぐったりしています。

おとなしくて、弱々しい子猫です。既に情が湧いてしまい、飼うことにしました。

飼い始めて数日間、子猫の様子がおかしいです。

口で呼吸をしています。猫を飼っている方はご存じだと思いますが、猫が口呼吸をしているときは、かなり危険な状況と言えます。

掛かり付けの動物病院に行ったところ、猫風邪が原因と思われるということですが、けっこう重症ということで4日間入院することになりました。

動物病院でもおとなしく、先生にも可愛がって頂きました。

退院してからしばらく経過し、再び様子がおかしくなります。

嘔吐が止まらず、10回ぐらい連続で吐いたので、これはマズいということでまた動物病院へ。

この日は日曜日で、掛かり付けの動物病院は休みのため、しかたなく、近所の「高いけど評判の良い」動物病院に連れて行きます。

診察の結果、色んな検査を受けましょうと先生に言われ、見積もりをみると4万円。

4万円!!!

なんじゃそりゃ、と喉まで出た声をグッとこらえ、さすがにやりすぎだと思われる項目は除外して検査を受けました。支払いは24,000円です。沖縄の家を買ってお金が無い中でこの出費は心が折れそうになります。

結果、胃腸炎ということでした。あの24,000円は何だったのかと思わなくもないですが、無事に元気になりました。

子猫は南城市の猫ということで、「ナンちゃん」と命名しました。

先住猫と過ごす「ナンちゃん」(真ん中)

弱々しく、おとなしい猫です。

しかし、数か月すると、段々と様子がおかしくなります。あんなに可憐だったのに、暴れん坊将軍のような猫に変貌してしまったのです。

最初の異変はキッチンに侵入するようになったところから始まります。

狙いは茹でた海老でした。

海老を咥え、ドラネコのような動きで逃げます。

袋に乱暴に噛みついています。顔が恐いです。

破壊されたトイレットペーパーは数えられません。

弱々しさを失ったアクビ顔。憎たらしさが出てきました。

寝相も最悪です。

何かに似ています。

今日もやりたい放題です。

良かったね・・・

ナンちゃん・・・

スポンサーリンク




コメント

  1. ことぶき より:

    こんにちは
    購入された物件のお写真を拝見させていただいて ワクワクしておりました

    そしたら次はネコちゃん達が。。。
    かわいい~♡ と萌えながら読んでいたのですが その後 体調が悪くなって
    大変かと思いきや 性格まで変貌してきたとは!!!
    どうしちゃったんでしょう
    その後の経過が気になっています

    • minaminoshimazuki より:

      ことぶきさん、いつも記事を読んで頂きありがとうございます!沖縄から連れて帰ってきた猫は大変元気に過ごしておりますが、噛み癖がひどく、先住猫や私に噛みつきまくっています。夜中に突然、足を噛まれて目が覚めてしまうのは悩みの種ではありますが、最近になってようやく噛み癖が少し改善されましたので、このまま治ってくれることを期待しております・・・沖縄の庭にポツンといたときの可憐さは完全に失われましたが、元気にしておりますので、(多分)幸せに暮らしてくれていると思います!