沖縄の中古物件を購入。DIYを頑張ろうと思います。

沖縄での土地探しを開始して約3年、築15年ほどの中古物件を購入させて頂くことになりました。別記事で書かせて頂きましたが、近年は建物の建築コストが上昇していて、土地を買って建物を建てるのは経済的に簡単なことではなくなっています。

私も土地を買って理想の建物を建ててみたいという気持ちもありますが、中古物件には改装したり、DIYに挑戦するという楽しみがあります。

ウィキペディアによりますと、DIYとは次のように定義されております。

「DIY(ディー・アイ・ワイ)とは、素人(専門業者でない人)が、何かを自分で作ったり修繕したりすること。英語のDo It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)の略語で、「やってみよう」の意。」

正直なところ、私は全くのDIY素人です。小学生のときに工作部に1年所属したことがあり、小型の本棚を作ったことがあります。これが私の唯一のDIYになります。

これまでDIYに興味を持ったことはありませんでした。工具といえば、家には百円均一で買った安ドライバーしかありません。沖縄の土地と建物が私の心の奥底にある、小学5年生のときに閉じたDIYの扉を再び開いてくれました。

さて、購入させて頂いた中古物件はここ数年は居住していなかったこともあり、経年劣化が進んでいます。

外壁は汚れが目立ちますし、縁側や木柱は塗装が剥がれて木材も傷んでいるように見えます。縁側には黒カビらしきものがついています。

室内は前のオーナーさんご自身が内装を手掛けておりますが、途中でストップしています。
注:前のオーナーさんは木材を扱うお仕事のプロ中のプロなので、素人ではありません。

ジャングルと化したビニールハウスもあります。

*ジャングルビニールハウスの中

シャワールームは少々清潔感に欠けております。妻からは「シャワールームを改装しないなら、私は沖縄では風呂に入らない。」と脅迫のような抗議を受けてしまいました。

ガレージは朽ちている感じがあります。

勝手口は雑草に浸食されています。

自然には恵まれた土地で、敷地は広いです。雑草との戦いが始まります。

雑草ロードを進んでいくと、整備すれば海が見えるビューポイントになりそうな場所もあります。

という感じでして、当面は家と土地の整備を頑張っていきたいと思います。

DIYには限界がありますので、先ずはプロにお任せするところ、自分でDIYするところを分けて整理するところから始まります。時間は掛かりそうですが、自分なりに良い家にしていきたいと考えています。

沖縄の家でゆっくりする時間はなさそうです。手持ちの工具は安ドライバー1本からのスタートですが、「工夫する」ということを楽しむことを目標に取り組んでいきたいと思っています!

スポンサーリンク