久高島

久高島は沖縄本島の東側にある南城市から船で行ける離島です。

久高島: 沖縄南部の安座真港から船で約20分です。

安座真港は那覇空港から車で40分ぐらいの場所にあります。

1日に船が6便出ているので、午前・午後どちらでも行っても日帰りで帰れます。

船のチケットを買って船に乗り込みます。長閑です・・・

久高島に到着です。

久高島全体図: 久高島の観光にレンタル自転車は欠かせません。

港から坂を上がって自転車をレンタルします。

坂を上がったところにお店があります。他にも近くに何店舗か自転車が借りれる店があるようです。

あいにく電動自転車はメンテナンス中でした。この日の相方はこのママチャリに決定です。

久高島の自転車コースは概ね1時間半からフルコースだと3時間ぐらいです。

1時間半コースの場合は「カベール岬」に直行し、フボー御嶽に寄って帰る感じです。

船のスケジュールに合わせて計画を立てるとよいと思います。

地図で見ると道はシンプルですが、目安となる建物が少ないので、意外と迷いやすいです。多少、時間に余裕をもった計画をお勧めします。

久高島全体図: 右上にあるカベール岬を目指しつつ、途中にあるビーチに寄ることにしました。

いざ出発です!全く観光地化されていない。これぞまさに沖縄の離島です!

青い空に畑が広がります。沖縄の自然に興味のある方は久高島、お勧めです。

先ずは最初の「イシキ浜」。

木々の先にビーチが見えます。

続いて「シマーシ浜」。

まさに天然ビーチです。手付かずの自然が堪能できます。

最後に「ウパーマ浜」。

ウパーマはジャングル感があります。

リゾートというより、硬派なビーチでした。

カベール岬までもう少しです。この辺りで急に天気模様が怪しくなってきます。

沖縄の田舎(自然)という感じです。カベール岬に到着!

岬に到着した後、私の長閑な久高島の旅は急変します。

まさかのスコール。

風が強く、雨足が強いです。ついさっきまでの晴天が嘘のような天気です。

困ったことに、雨をよけるような施設・建物が全くありません。

念のために持ってきた折りたたみ傘を差しますが、南国のスコールを凌ぐにはあまりにも役不足でした。ずぶ濡れです。

雨宿りできるところを探すために、傘を差しながら片手運転でフラフラしながら道を進みます。

雨宿りの場所は見つからず、約20分間にわたり、強雨に打たれ続けました。

まともに前が見えないほどの雨に打たれ、私は南国の地で寒さに震えることになります。

スコールが止んだとき、もう心は折れていました。

とにかく体を温めたい。そんなとき、食堂が目の前に現れます。

食事処 けい:

店に入り、すかさず「そば」を注文。

なぜか店の入り口に大量の白紙の色紙がありました。

そばを待っている間にちょっとした奇跡が起こります。

店内にもの凄く格好良い男性が入店してきました。ただのイケメンではありません。異常なイケメンです。背が高く、スポーツ選手のような体系でした。

私とその異常なイケメンの二人だけの空間が流れます。その男性が醸し出す溢れる色気に動揺しながら、私はシンプルで美味しいそばをすすり続けます。

芸能に疎いため、その場で誰かは分かりませんでしたが、帰りの船で判明します。

帰りがけ、店のおばぁ曰く、売れ筋商品だというサーターアンダーギーを購入しました。

このサーターアンダーギーはめちゃくちゃ美味しかったです。

黒糖がきいていて、今まで食べたサーターアンダーギーの中で一番美味しかったと思います。

本島への帰りの船はざわついていました。島に滞在していた人気俳優が同じ船で帰るのです。その名は斎藤工さんでした。

店にあった大量の白紙の敷地の意味が分かりました。神の島ではミラクルが起こります。

追伸: 天気の良い日のカベール岬




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク