【東京散策記】 Canal Fes ~ 水辺フェスタ@天王洲アイル

天王洲アイルというとバブル時代のオフィス街というイメージですが、最近は運河のあるオシャレな街に進化しているらしいです。

この週末に水辺フェスをやっているというので散策してきました。

この辺一体は寺田倉庫さんが街づくりに取り組んでおり、「運河」と「アート」が一体となった街並みに変貌を遂げております。

水辺フェスということでたくさんの人で賑わっています。

オシャレなカフェもあります。

トレーラーのカフェ。立ち飲み形式でお客さんが格好良くコーヒーを飲んでいました。

そろそろフェス会場に向かいます。

その前にオシャレな雑貨店がありました。目を引く店舗が多くて目移りします。

倉庫風のショップ。開放的な入り口の前には桜が咲いていました。

見ているだけでも楽しいです。

フェス会場は大変盛り上がっていました。

ステージでロックバンドが演奏しています。タイミングよく盛り上がり最高潮のときの写真が撮れました。

演奏も歌もかなり上手かったので、プロを呼んでいるのだと思います。老若男女に加え、外人さんもいました。

ビールを飲んでる人もけっこういて、みんな楽しんでいる様子です。

屋台もたくさんでていました。運河とアートの街、天王洲は辺り一帯の雰囲気が統一されています。この日はあまり天気が良くなかったですが、運河のボードウォークをビールかコーヒーでも飲みながら散歩したら最高に気持ちよいです。

ロックバンドのコンサートから少し離れた場所からステージを撮影。このステージは屋外シアターにもなります。

運河の対岸にプロジェクターで映像を映します。


ぷらっとナビタイムさんより

水辺に家みたいな建造物が軒を連ねています。ホテルでもできるのでしょうか。

水辺フェスは想像以上の盛り上がりです。年に何回かやっているみたいですが、そのうち名物イベントになるかもしれません。ポテンシャルを感じます。

寺田倉庫さんが運営するカフェ「breadworks」でカフェラテを飲むことにしました。こちらでは隣のお店でパンを焼いており、出来たてのパンとコーヒーを楽しむことができます。カフェラテを注文し、外のテラスで飲むことにしました。

運河のテラスでまったりと過ごします。カフェには次から次へとお客さんが入っていました。

スズメが近づいてきました。人に慣れています。

天王洲アイルは、以前の寂れたオフィス街のイメージではなく、素敵なキャナル シティとなっていました。

天気の良い日は天王洲アイルを散歩することをお勧めします。コーヒーもしくはビールを片手に運河を歩けば良い休日が過ごせますよ!




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク