【佐世保旅行記 初日】ちゃんぽんと佐世保バーガー

アメリカ文化の影響を受けた港町、佐世保市の旅行です。

地名は知っているけど、場所は知らない人もいると思いますので、先ずは場所から。

長崎県の北西にあり、九州の西端にあります。

アクセスは長崎空港から車で1時間くらいです。空港から市内まで乗合タクシーがあり、片道1,500円で利用できます(7名ぐらいまでしか乗れないので要事前予約)。

観光のメインは「ハウステンボス」です。

また、「九十九島パールシーリゾート」もあります。こちらは風光明媚な九十九島を遊覧船で観光したり、水族館や動物園も楽しめます。


九十九島パールシーリゾートさんHPより

また、グルメとしては「佐世保バーガー」「長崎ちゃんぽん」といった気軽なB級グルメがあり、観光も食事も楽しめます。

昼過ぎにJR佐世保駅に到着。駅に「佐世保バーガーマップ」があります。

数あるバーガーショップの中から「ログキット 佐世保駅店」に決めました。決め手は駅からの近さ。というか駅にあります。

ログキットの佐世保バーガーは実に迫力があり、大満足です。

お店によると直径15センチ、重量500グラムの巨大サイズ。

かなりの大きさなので、手で圧縮して食べますが、ボリュームがありすぎて、圧縮後もなかなか口に入りません。危うく、佐世保バーガーで顎が外れるところでした。

私の撮った写真がイマイチなので、お店のHPから拝借します。

凄い迫力です。これがアツアツの状態で提供されます。

この後は日本一アーケードが長いと言われる「させぼ四カ町商店街」を散策しました。

たしかに長いです。

しかし、観光スポットとはちょっと違うかなという感じです。日用品の店がほとんどでした。

あまりアメリカ文化を感じるところはありませんでしたが、夜になると外国人バーがけっこうあるみたいです。

次は佐世保港に隣接するショッピングモールを散策。

このショッピングモールが開業したことで、先ほどの商店街は少し元気が無くなったらしいです。

オシャレなカフェもあります。佐世保港を一望しながら甘いものでもと思いましたが、「佐世保バーガー」のボリュームが凄すぎて、別腹の余地はありませんでした。

ショッピングモールの散策は海も間近に感じられて楽しかったです。

あまり腹は減っていませんでしたが、旅行前から行きたいと思っていた「ちゃんぽん」を食べます。

長崎ちゃんぽん: 香蘭

こちらのお店は佐世保駅に隣接している繁盛店です。

魚介のスープが詰まっていて最高に美味しいです!

魚介類の中にカキが入っていて、これが旨味を見事に増幅させています。

他のお客さんはけっこう餃子を注文していました。スイーツでは別腹は生まれませんでしたが、餃子は食べれます!

一人で食べるには量が多かったが完食しました。美味しい餃子でした!

次回は旅のメイン「ハウステンボス」です。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク